2014年06月26日

楽に頭の中にインプットするには。。。





年を追う毎に頭の中にインプットするのが苦痛になってきた管理人です。
やっぱり頭の中が0の状態を1にするのと、
1の状態を2にする時の労力は全然違いますよね。
0の状態は覚えるのに必死になりますからね。
でも記憶というのは何度も何度も頭の中に刷り込んでいって
初めて頭に定着するもの。
天才は違うかもしれませんが私は天才に生まれなかったので><
だからホントに頭の中0の状態を1にするのはほんとに苦痛でした。。。

専門学校で受けた講義の復習。
何度も何度も書き写したり、読み込んだり。
五感をフル活用して覚えると効果的っていいますからね。
悪くない方法だけど、めちゃくちゃ時間がかかる。
限られた時間の中、効率的な勉強方法はないのか。
勉強しているときずっと考えてて、色々試してました。
色んな書籍も読みあさりましたしね。

で結局私が最も楽に覚えれる方法と結論づけた方法は、、、

「ICレコーダー」を活用すること!
専門学校の講義を録音して何度も何度も聴き直すんです。
自宅や自習室で勉強している時でもできるし、
専門学校の資料は常に持ち歩いていれば電車の中とかスキマ時間に何度も聴き直すことができます。
おススメというか必須で欲しい機能は「高速再生機能」があるICレコーダーです。
一回講義を受ければ内容はある程度理解できていると、
思うので、それを刷り込むだけだから高速再生の聴講で十分なんです。

上で紹介しているICレコーダーは高速再生機能は付いているみたいです。
このICレコーダーを実際に使っていたわけではないけど、
一つの例として上げてるだけです。自分に合ったのを探してみてください。

私的にお勧めのコンテンツはやっぱり入門講座の内容です。
一次試験、二次試験、三次試験の重要な内容も含めて
網羅的に講義をしてくれているから、
内容を漏れなく覚えることができます。
網羅的になっている分、全体像も把握できますしね。

勉強始めた当初は、
講義を受ける→高速再生で何度も聴く(2回)→問題を解く(2回)
→高速再生で聴き直し→もう一度問題を解く。

こんなカンジですかね。
この方法だと3回目の聴き直しの時は、問題を解いた後なので、
先生が強弱をつけているポイントの意味や場所が分かりやすくなり、
より効果的に覚えることができます。ホントにおススメです。

当然勉強始めた当初だけじゃなくて、
2年目の初めにもう一度聞き直したりすればより効果的です。
1年で受かるに越したことはないですけどね!


posted by もいっしー at 19:54| Comment(1) | インプット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青本の真実





皆さんご存知の青本。
弁理士試験、三種の神器のうちの一つですね。
(他は「条文」と「問題集」ですね。)

20140625_234040.jpg

2次の論文試験や3次の口頭試験で必要な趣旨や論点が満載の書籍。
特許庁の公式見解でもあるし、書いてある内容は重要事項の目白押し。

ただ、この青本読み込むことはないと思います。

私の場合は、専門学校に通っていたわけですが、
専門学校で大量の資料をもらうわけで、
それを読み込み、覚えていく作業だけで手いっぱい。
特に一年目はそうでした。
その一年目の受験では失敗しましたけどね><

で、結局青本を購入したのは2年目だったかな?

でも今まで専門学校でもらった資料をベースに
勉強するスタイルは大きくは変えられず、
どうしたかというと、
専門学校の資料の中で、青本に記載された事項に
マーカーを引いたりして重点的に覚えるなど、
軽重つけて覚えるスタイルに変更。
これでどこを確実に押さえるべきかを
意識した勉強が可能となりました。
これは功を奏していたかなと思います。

あと3次試験では質問に対して、端的、的確に
答えないといけないので青本の内容を覚えていると
有利でしょうね。
ただ、3次試験用の専門学校の資料もやはり充実しており、
やっぱり青本は必要と一概にはいえない。

結局私の勉強方法では青本は参考資料でしかなく、
(ただし、重要、ただし、重いので持運び不便)
総勉強時間のうち直接触れている時間は少なかったですね。

独学で、かつ、最短で合格したいというのであれば、
こちらを通読するのは一つの方法かもしれませんが、
そうでなければ、最近の専門学校の資料は
充実していますから必ずしもいるというわけでは
ないのかなぁと思ったりもしてます。
でも、その充実した資料をより充実させるためには
あっても良いかもしれませんね。
どっちやねん!って突っ込みたくなりますね。すみません。

結局買ってから受かったんでしょ?て、
言われたらそうなのですが(^_^;)

私の中ではやはり青本を参考書籍の中心にするよりも
前回のブログで説明した四法対照法文集を使って自分だけの参考書を作る方が
重要かなっていまさらながら思っています。

信じるか信じないかはあなた次第です。


posted by もいっしー at 00:42| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

四法対照法文集 自分専用の参考書を作ろう





四法対照法文集とは特許法、実用新案法、意匠法、商標法の
関連する条文を対照させて、各条文の対応関係を直感的に
分かりやすく整理したものです。

例えば、定義規定って各法令の第2条に規定されていますよね。
これを上から特・実・意・商の順に縦に併記して
それぞれの条項の関係を体系化して記載されています。

弁理士試験の三種の神器といえば、「条文」、「青本」、「問題集」。
(後日ブログで紹介しますね。)

ですが、私はこの四法対照法文集も仲間入りさせてやりたい!
何が便利って各法令の条文を体系化しているわけなんだけども
その分余白スペースがかなりあるんです。
だからそのスペースにその条項の趣旨やら要点、論点を
どんどん書き込むことができます!

four laws.jpg

私の書き込んだ後の四法対照法文集は上のようなカンジ。
私の場合は特実は青、意は緑、商は紫、
でさらに、一度書き込みを完成させた後追記していった事項は
橙とか色々意味を持たせて色分けをしながら記載していきました。
書かないと覚えられないという性格でもあったので。

専門学校に通えばたくさんの資料が貰えます。
青本にはたくさんの情報が詰まっています。
でも常に全ての資料・参考書を持ち歩くことは難しい。
でも四法対照法文集一冊だけなら全然重くない。サイズもA4の半分くらい。
間違えた問題の論点とか、専門学校の講義で習った重要なポイントを
どんどん四法対照法文集に書き込んでいきましょう!

そうすれば自分だけのレジュメが完成!
一番効率の良いあなただけの参考書です。



posted by もいっしー at 14:44| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。