2014年06月20日

昨今の弁理士業界 2014





私は現在転職活動をしています。
法務から知的財産への華麗な転身。
これを夢見ていたわけですが実際はやっぱり
そんな簡単な話じゃないようで。

先日大手の某特許事務所さんの面接を受けてきました。
結論から言うと落ちたんですけども、
一線級で活躍しておられる弁理士先生から色々お話を伺えました。

弁理士の数は現在昔よりも急激に増えているようで、
クライアント企業からも厳しい目で見られるようになったとのこと。
昔は弁理士が書いた明細書だったら問題ないでしょと
いう感覚でやっていけたみたいだけど、
今はクライアントの社内にも弁理士の資格を持った人が増えたことで、
本当にこの事務所で大丈夫?ってカンジで、
事務所が提出する明細書の品質が問われる時代になったと。

弁理士の資格を持った人が増えた分、
資格を持てば安泰じゃなくて、
資格を持っていることがスタートライン。
そこからどんな品質を提供できるのか、という
本当の競争社会が始まったみたいです。

弁護士の業界と似てますね。

日本市場はこれからどんどん縮小していく中で、
それに対してどう取り組んでいくのか、
今が本当の正念場で試行錯誤しながら仕事を
こなされておりました。

大変勉強になります。

弁理士の資格を取れば安泰というわけではありません。
企業に属していれば確かに事務所よりは見通しは
悪くないかもしれませんけどね。
どちらにしても弁理士の資格を取ることは
一つの目標ではありますが、その先自分のキャリアを
どう構築していきたいのかも考えながら
勉強を進めていく方がベターだと思います。

また私は知財の業務は未経験なわけですが、
30歳くらいが知財業務の未経験者が知財業界に
転職できるギリギリの年齢というのが業界の認識のようです。
若手の方でもし知財業界に興味があるのであれば、
早めの転職に越したことはないということは
知っておいて損はないと思います。

皆さんのご参考に。



【関連する記事】
posted by もいっしー at 19:53| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。