2014年06月18日

法改正部分への対応





実は一番簡単な得点源は直近の法改正部分。
100%を保証することはできませんが、
一次試験で出る確率が結構高いんです。

なぜ法改正部分が得点源となるのか。
それはできたばかりで論点となるような事例もなく、
条文そのままが問題に出てきたり、解釈を少しひねった
だけの問題が出てくる場合が多いからです。

来年の2015年度試験の場合、特許法では手続き期間の延長や
商標法では商標の保護対象拡大あたりでしょうね。

逆に2次試験では出る可能性は低いでしょう。
論点がないので問題が作れないからです。
なので1次試験の直前に条文を丸暗記するような
カンジで勉強を進めればよいと思います。

これはぜひ頭に入れて勉強を進めてください。


posted by もいっしー at 22:11| Comment(0) | 得点源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。